無料ブログはココログ

« 警官を見たら痴漢と思え | トップページ | 親の七光は有り難し »

2011年11月21日 (月)

雪はげし抱かれて息のつまりしこと

   橋本多佳子は美女で知られた俳人。18歳で大阪船場商人の御曹司と結婚するも、昭和13年に先立たれ未亡人となる。亡夫への恋情を歌った句で知られる。「雪はげし抱かれて息のつまりしこと」は昭和24年の作で、大意は「その吹雪を見ていると、かって夫に激しく抱かれたことが自然に思いだされてくるようだ」という恋歌。石川さゆり、藤あや子の演歌の世界に通ずるものがある。

« 警官を見たら痴漢と思え | トップページ | 親の七光は有り難し »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111590/43097498

この記事へのトラックバック一覧です: 雪はげし抱かれて息のつまりしこと:

« 警官を見たら痴漢と思え | トップページ | 親の七光は有り難し »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31