無料ブログはココログ

« ちょこっとおでかけ | トップページ | スウェーデン・デザイン »

2011年11月 1日 (火)

鶯宿梅

Km_03_01_014g_2

   村上天皇の時、清涼殿前の梅が枯れてしまった。使いの者に命じて、西の京のある家に立派な梅の木を掘り取ってきたが、そのとき、その家の主人は、木に文を結びつけた。風刺の歌が女の筆跡で書かれていた。

勅なればいともかしこし鶯の宿はと問はばいかが答へむ

   尋ねさせてみると、その家は紀貫之の娘紀内侍の住む所であった。このことを、村上天皇は遺憾に思い、梅の木を返したという。

« ちょこっとおでかけ | トップページ | スウェーデン・デザイン »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょこっとおでかけ | トップページ | スウェーデン・デザイン »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31