無料ブログはココログ

« 帰ってきた団次郎 | トップページ | 津島佑子と太田治子 »

2011年11月11日 (金)

我思う、ゆえに我あり

Emotion1 笛卡爾

    デカルトは哲学的考察をはじめるにあたって、誰しもが認めざるをえない確実で、明確・単純な事実から出発すべきであると考え、あらゆることを疑ってみる。その結果、疑っても疑いえない事実として、疑う自分につきあたる。それが「われ思う、ゆえにわれあり」という命題で、これから彼の哲学は組み立てられていく。

紀得   ジイド

湯思比  トインビー

馬克斯  マルクス

康徳   カント

里爾刻  リルケ

    詩人ハイネの話によれば、カントはいつも午後に散歩をしたが、その時刻は一分と違わなかった。それで町の人々は、ときどき止まったりする大通りの時計よりも、カントの通る姿を見て、めいめいの時計を合わせたという。

« 帰ってきた団次郎 | トップページ | 津島佑子と太田治子 »

漢字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 帰ってきた団次郎 | トップページ | 津島佑子と太田治子 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31