無料ブログはココログ

« 寄らば大樹の陰 | トップページ | ジャーナリストの品格 »

2011年11月10日 (木)

武器商人ランボー

   あるとき友人の文学青年がランボーが好きだと言った。私もすかざず「ああ、シルヴェスター・スタローンのアクションはスゴイね」と言ったら、笑ってもう何も話さなくなった。ジョン・ランボーとアルチュール・ランボーは似て非なるものがある。先ず、スペルが違う。RamboとRimbaudである。サバイバル兵士とフランス詩人・同性愛者とは大きくことなる。詩人ランボーは傲慢、不作法、猥褻な言動で、ヴェルレーヌからピストルで撃たれたりするが、晩年はエチオピアで武器商人として成功する。癌でスペインの病院で亡くなる。背丈は180cmあり長身だった。

« 寄らば大樹の陰 | トップページ | ジャーナリストの品格 »

「世界文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寄らば大樹の陰 | トップページ | ジャーナリストの品格 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31