無料ブログはココログ

« 津島佑子と太田治子 | トップページ | 中国の植物学者の娘たち »

2011年11月12日 (土)

屈原

4kutsugen

   楚の王室に生れた屈原(前340-前278)は、懐王から信任を得て国事に奔走した。ところが彼の改革に反対する者に陥れられ、追放のうき目にあう。自分の政策を受け入れず、亡国の危機に瀕する楚国に心を傷め、「離騒」「九章」等の詩を書き残し、ついに汨羅の淵に身を投じた。

屈原 岩波文庫 郭沫若著 須田禎一訳 岩波書店 1956
屈原 佐藤春夫全集5 講談社 1967
屈原 岩波新書 目加田誠 岩波書店 1967
屈原 中国の詩人1  竹治貞夫 集英社 1983
屈原 中国古典入門叢書4  敦維森著 安藤信広訳 日中出版 1984
屈原研究 郭沫若 新文芸出版社 1953
屈原詩集 カラー版中国の詩集1  黒須重彦訳 角川書店 1973
曹植と屈原 小守郁子 1989
屈原 畑中昭彦 日本文学館 2007

« 津島佑子と太田治子 | トップページ | 中国の植物学者の娘たち »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 津島佑子と太田治子 | トップページ | 中国の植物学者の娘たち »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30