無料ブログはココログ

« エリザベス・ビショップ | トップページ | 心にしみる古賀メロディー »

2011年11月18日 (金)

おうい雲よ

Yamamurabocho_2 山村暮鳥墓

  山村暮鳥。なんとなく寂しい響きのある名前だ。Bocho 母音「o」で終わると、ほんわか、のんびりとしたイメージを抱く。「ほのぼの」という語は、すべて母音は「o」である。暮鳥もそのようなイメージがある。

    「おうい雲よ ゆうゆうと馬鹿にのんきさうじゃないか どこまでゆくんだ ずっと磐城平の方までゆくんか」暮鳥の晩年の詩集「雲」に収められた一編。死の床で校正を終えたが、彼はこの詩集を手に取ることなく亡くなった。墓は、水戸市八幡町の江林寺墓地(祇園寺が管理)にある。

« エリザベス・ビショップ | トップページ | 心にしみる古賀メロディー »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エリザベス・ビショップ | トップページ | 心にしみる古賀メロディー »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31