無料ブログはココログ

« 我が家の楽園 | トップページ | アンドラ公国 »

2011年11月 5日 (土)

逆立ちさせられた間抜け王

Rollo_koning_der_noormannen
  ノルマンディー公ロベール

    ヴァイキングがフランク王国を襲いはじめたのは8世紀末からで、さすがのカール大帝もこれには手をやいたが、次のルイ敬虔王が貢物を与えてご機嫌をとったことが、ヴァイキングを増長させた。彼らの侵入はシャルル2世禿頭王、シャルル3世間抜け王のとき、北フランスの沿岸地方に進入してきた。

    ロロはヴァイキングの首領の1人で、911年にシャルル3世からキリスト教の改宗と国土防衛を条件に、ノルマンディー地方と王の妹をあたえられ、ノルマンディー公に封じられた。名をロベールと改めた。

     ロベールは、その君臣の誓いの儀式である臣従礼(オマージュ)をおこなうことになったときのことである。ロベールのそばにいた司教がかれに、「こんなすばらしい贈り物をうけるものはだれでも、あいさつとして国王の足に接吻するものだ」というと、ロベールは「わしはどんな人間にも、ひざをまげようとは思わない。他人の足に接吻するなどはもってのほかだ」と剣もホロロにことわった。しかしフランク人があまれにつよく頼むので、いきなり国王の足をかかえて逆立ちをさせて、ゆうゆうと臣従礼を終えたという。

« 我が家の楽園 | トップページ | アンドラ公国 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 我が家の楽園 | トップページ | アンドラ公国 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31