無料ブログはココログ

« ロバートくん全員集合 | トップページ | 永遠の少年「シェーン」「子鹿物語」 »

2011年11月23日 (水)

「いとほし」と「いとをかし」の異同

   枕草子の能因本と三巻本との異同を調べていると、「いとほし」と「いとをかし」の混同があることに気づかされる。例えば、第21段「すさまじきもの」は金子元信の「枕草子通解」(能因本系)では、

ゆるぎありきたるも、いみじういとほしう、すさまじげなり

 「うそうそと家の中を歩き回っているのも気の毒だし、また何とも気ぬけのしたような光景だ」という大意である。

同じ箇所が三巻本では、もともとこのようになっていた。

「ゆるきありきたるも、いみしういとをかしすさましけなり」とある。

   ここでは、「いとをかし」ではなく「いとほしう」(気の毒で、という意)であるので、能因本系が正しいことになる。三巻本は「いとほしうすさまじげなり」と訂正されている。

参考:大川五兵衛「枕草子の伝本による「いとほし」と「いとをかし」の異同」 聖徳大学紀要12   1979年

« ロバートくん全員集合 | トップページ | 永遠の少年「シェーン」「子鹿物語」 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロバートくん全員集合 | トップページ | 永遠の少年「シェーン」「子鹿物語」 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31