無料ブログはココログ

« 読書尚友 | トップページ | 蠃顛劉蹶 »

2011年10月16日 (日)

世界食料デー

311_ajijiman1 350069a4 1191211035 Carg1fnz Dscf11432 Huyuparty Kg110117 Kome 72f2d53b Caifktq9

   日本でフランス語の「gourmet」が移入され、「グルメ」という流行語となったのは何時頃からであろうか。図書の題名に「グルメ」が冠しているのは柴田書店の「新フランス料理グルメのための美食料理」(1979年)である。最初はフランス料理に関して使われていたが、すぐに日本語の「食通」「美食家」と同義語として普及した。翌年から柴田書店からシリーズ「Tokyoグルメブック」が刊行されている。こうして1980年代からはグルメ番組がテレビ界を席巻する。

  NHKのお昼の番組「ひるブラ」を観る。大阪の食の台所・黒門市場を香坂みゆきがレポート。ふぐ、蒲焼、天ぷら、そしてマグロ。昨夜放送の「鶴瓶の家族に乾杯」でも飯島直子がマグロを食っていた。番組スタッフは美女がトロを食う姿が視聴者が喜ぶと思っているのだろうか。テレビ東京の旅番組もよく観る。熟女が露天風呂につかり、旅館で豪華な夕食。そしてSMAPなどの料理番組。美食家、食通がよしとされる時代風潮にある。世界には飢饉に苦しむ人、国内には避難所生活を余儀なくされている人が大勢いてもグルメ番組は多い。もともと江戸時代の武士は菜食主義だった。欧米の菜食主義とは違うかもしれないが、肉類で動物性食品を摂らない狭義のベジタリアンだった。これが変化したのは明治の西洋化のためだろう。洋行帰りの漱石や鴎外の食生活がハイカラなのは当然だろう。永井荷風も今日からみれば食通とはいえないが、奇妙な美食家だった。経済的余裕のある文士はみな健啖家を自慢する風潮が起きた。昭和戦後になって山口瞳、開高健、向田邦子、辻邦夫、立原正秋など現代的な美食家が登場した。やがて一般庶民もまねる。タレント・芸能人の美食自慢がテレビを独占する。しかし過度の栄養摂取は健康に悪いだろう。美食家が長寿を全うした話はあまり聞かない。人間の腸は草食動物のように長く、体調の約12倍の長さがある。肉食動物のライオンの腸は4倍、雑食の犬は体長の6倍である。つまり人間は肉食には適さない。アインシュタインは「菜食主義への移行ほど健康に有効な方法はない」といい、シュバイツァーは「動物を食べることは私の信条に合わない。だから、私は絶対に肉食をしない」と言っている。

« 読書尚友 | トップページ | 蠃顛劉蹶 »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 読書尚友 | トップページ | 蠃顛劉蹶 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30