無料ブログはココログ

« 寺田寅彦は忘れたころにやってくる | トップページ | 幕末・明治の京都四条大橋 »

2011年10月 9日 (日)

近江観音寺城と石部城

62kannonji観音寺城址

   観音寺城は近江守護六角氏の居館である。全国屈指の規模の中世山城で、石垣など遺構が残る。六角義賢(号は承禎)は織田信長と敵対したため、1574年に佐久間信盛に攻められ、義賢・義覧父子は観音寺城を放棄し、石部城に逃れた。石部城は臣下の石部家清の居館である。義賢は石部城落城後、流寓の晩年を送り、1598年に78歳で没した。石部家清は、義賢におくれること1年半、1599年に没した。石部城址にある石部氏の菩提寺、善隆寺には石部家清自筆の一族縁者の法名軸が所蔵されている。それには、「承禎様 一念のこころは西へうつせみの、もぬけてはてたる身こそやすけれ」と、主君義賢の死を悼んでの詠草が書かれている。

« 寺田寅彦は忘れたころにやってくる | トップページ | 幕末・明治の京都四条大橋 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寺田寅彦は忘れたころにやってくる | トップページ | 幕末・明治の京都四条大橋 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31