無料ブログはココログ

« 本多正信と本多忠勝 | トップページ | 明暗の秋 »

2011年10月17日 (月)

栄枯盛衰

Targ

    ローマのコロッセウムの外壁が崩壊したり、ロンドンのビッグベンの傾きが問題となったり、歴史的建造物は話題に事欠くことはない。今度はインドのタージマハル廟が川の水位低下が原因でいずれ倒壊する危険性にあるという。建物はムガール帝国のシャー・ジャハーンが死去した愛妃のために建設した17世紀の廟である。日本でも熊野古道が台風の被害にあった。歴史ある日本は記録にある城址だけでも全国になんと2万5000あるという。神社仏閣の廃寺跡など加えれば数10万にのぼるだろう。

« 本多正信と本多忠勝 | トップページ | 明暗の秋 »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本多正信と本多忠勝 | トップページ | 明暗の秋 »

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31