無料ブログはココログ

« ちょっと風邪を引いてるみたい | トップページ | モチベーションをアップする英語力!? »

2011年10月21日 (金)

政治家の最期

R

   何となく、じいんと身のうちに寒さを覚える。そぞろ寒。鶏皮(そぞろさむ)。カダフィ大佐が20日、出身地シルト近郊で、銃撃戦に遭い、頭部に銃弾が当って死亡したニュース。69歳というのはサダム・フセインと同じ年である。ヒトラー56歳、ムッソリーニ62歳、と独裁者の寿命は長くない。だが国家最高指導者が一兵士の銃弾で死亡するというのは稀である。シーザー、リンカーン、ケネディ、朴正熙、みんな暗殺である。カダフィ大佐の死は、いわば明智光秀が小栗栖で農民に刺殺されたようなものであろう。国際政治のことはわからないが、何となく寒さを覚える秋である。

« ちょっと風邪を引いてるみたい | トップページ | モチベーションをアップする英語力!? »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょっと風邪を引いてるみたい | トップページ | モチベーションをアップする英語力!? »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31