無料ブログはココログ

« どんな本にも運命がある | トップページ | 漱石と光太郎 »

2011年10月14日 (金)

秋茄子は嫁に食わすな

224

    むかしの言葉には意味のはっきりわからなくなった言葉がある。たとえば「小股の切れ上がった女」など辞書を引いても「股」という身体のパーツの説明が理解できない。「秋茄子は嫁に食わすな」も現代でもよく使われるが意味不明の1つである。姑の嫁に対する意地悪ではなくて、茄子は体が冷えるので、嫁の体調への気遣いから生れた言葉ともいわれる。また秋茄子は種子が少ないので、子種のなくることを憂えて食わせないようにするという説もある。

書の歴史 中国と日本 榊莫山 創元社 1970
書譜 展大法帳9 孫過庭 春潮社 1951
書譜 十七帖 書跡名品叢刊158  清・包世臣  ニ玄社 1970
書譜 上中下 中根貞臣編 豊橋・日本書院 1972
書譜 中国古典新書 孫過庭著 西林昭一訳 明徳出版社 1972
書譜 原色法帖選1 台北故宮博物院 二玄社 1984
書法及書論集 岡本素泉編 興文社 1936
初歩の中国語 金丸邦三 昇龍堂出版 1979
諸名家孔子観 孔子祭礼典会編 博文館 1909
書物と印刷の文化史 日本少年文庫13 斎藤正二 国土社 1982
書物を焼くの記 岩波新書 鄭振鐸著 安藤彦太郎ほか訳 岩波書店 1954
書林と詩苑 其1 福本雅一 同朋舎出版 1990
白川義員作品集 中国大陸 上下 小学館 1984
書の文化史 上 西林昭一 ニ玄社 1991
書の歴史 中国編 須羽源一 書道出版社 1953
書の歴史 中国篇 伏見冲敬 二玄社 1960
書のための漢詩手帖 進藤虚籟 木耳社 1987

« どんな本にも運命がある | トップページ | 漱石と光太郎 »

書誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どんな本にも運命がある | トップページ | 漱石と光太郎 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31