無料ブログはココログ

« 川上俊彦と3人の男の死 | トップページ | スポーツマン金之助 »

2011年10月26日 (水)

謎の小泉鉄

Koizumi_2     小泉鉄(1886-1954)ほど評価されない文学者もめずらしい。「こいずみまがね」と読む。広辞苑には採録されていない。だが国立国会図書館で検索すると21件もヒットする。

    福島県出身。東京帝国大学哲学科中退。武者小路実篤に共鳴し、明治44年より「白樺」同人となる。自らも小説「三つの勝利」を書くも、ゴーギャンの「ノア・ノア」やストリンドベリイなどの翻訳を手がける。だが彼の特異なところは、関東大震災以後、大原社会問題研究所の嘱託を務め、大正14年から昭和3年の4年間、台湾に渡り原住民の人類学的調査を行っている。「蕃郷風物記」や「台湾土俗史」の著書がある。社会学、人類学、法律学などに深く、小説、評論などその教養の広さに驚かされる。

« 川上俊彦と3人の男の死 | トップページ | スポーツマン金之助 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川上俊彦と3人の男の死 | トップページ | スポーツマン金之助 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31