無料ブログはココログ

« 日間賀島と軍艦島 | トップページ | 「坊っちゃん」の清の墓が養源寺にある? »

2011年10月20日 (木)

江戸文学と「五雑組」

   明末の百科全書的随筆「五雑組」は現在の日本では殆ど省みられないが、江戸時代は学者や文人がよく読んでいたようである。「倭漢三才図会」でしばしば「五雑組」に拠っているし、「東海道中膝栗毛」の十返舎一九もこの「五雑組」を読んでいた。上田秋成は「藤簍冊子」(つづらふみ)の自序もそのまま盗用している。あの本居宣長先生でさえも、引用を明らかにせず、「玉勝間」で「五雑組」からの盗用しているのである。

« 日間賀島と軍艦島 | トップページ | 「坊っちゃん」の清の墓が養源寺にある? »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/111590/42604149

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸文学と「五雑組」:

« 日間賀島と軍艦島 | トップページ | 「坊っちゃん」の清の墓が養源寺にある? »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30