無料ブログはココログ

« 近江観音寺城と石部城 | トップページ | 龍馬脱藩の道 »

2011年10月 9日 (日)

幕末・明治の京都四条大橋

01_thumb1

  京都市内を南北に流れる鴨川はいくつもの橋があるが、祇園や東山を散策するときは四条大橋を渡る。幕末からすでに特別な橋であったようで、新撰組隊士たちも何度となく渡った。文久3年3月、近藤勇、沖田総司らは四条大橋で殿内義雄を斬殺している。木造だった橋は明治7年に工費16,830円をかけて鉄橋として完成した。

« 近江観音寺城と石部城 | トップページ | 龍馬脱藩の道 »

建築」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近江観音寺城と石部城 | トップページ | 龍馬脱藩の道 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30