無料ブログはココログ

« ドビュッシーとエンマ | トップページ | 「脱原発」が今年の流行語で終わらないことを願う »

2011年10月31日 (月)

祝瓶山とヒメサユリ

C1b4f50de8fdc501a901aa7ce5e27d8d 7ab672847211acba1601l

    山形・朝日連峰の最南端にある祝瓶山(いわいがめやま)は東北のマッターホルンといわれ、多くの登山家が急勾配に挑む。原始的なブナ林や初夏にはヒメサユリなどの高山植物が楽しめる。

« ドビュッシーとエンマ | トップページ | 「脱原発」が今年の流行語で終わらないことを願う »

地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドビュッシーとエンマ | トップページ | 「脱原発」が今年の流行語で終わらないことを願う »

最近のトラックバック

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31