無料ブログはココログ

« 結婚に年齢差は問題ではない | トップページ | 苦楽をともにした男2人のコンビ »

2011年10月 7日 (金)

石割松太郎の大阪毎日新聞社時代

0e3798b563cffe5f4bf9aadfa3482dd0

    人形浄瑠璃の研究家として知られる石割松太郎(1881-1936)は、早稲田大学卒業後、明治39年に堺屋石割書店を営業するもうまくいかず、後に新聞界に入り、日本新聞、都新聞、帝国新聞、大阪新聞、そして大阪毎日新聞の記者として活躍した。当時、学芸部長は薄田泣菫、副部長は深江彦一、部員には北尾鐐之介、名越国三郎、芥川龍之介、そして毛利宮彦がいた。毛利は石割より4歳年下で、早稲田の後輩にあたる。石割は昭和4年に毎日新聞社を退社し、東京に移る。生地の堺には、「石割松太郎生家の跡」の碑が建立されている。

« 結婚に年齢差は問題ではない | トップページ | 苦楽をともにした男2人のコンビ »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 結婚に年齢差は問題ではない | トップページ | 苦楽をともにした男2人のコンビ »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31