無料ブログはココログ

« 斜陽の象徴ビッグベン | トップページ | 左党天国 »

2011年10月11日 (火)

コプト Copts

Copts420x0

   エジプト・カイロでコプト教徒と軍隊が衝突し、少なくとも25人が死亡し300人以上が負傷した。エジプト各地ではコプト教徒に対する攻撃が相次いでいる。コプトとは何か。ローマ帝国時代からイスラム教時代の芸術、建築など中世初期の文化にまでしばしば適用されるため、非常にわかりずらい。また今日まで存続し、エジプトには多くのコプト教徒が住んでいる。コプト教徒がイスラム社会の下で圧迫され、信教の自由を完全に認められているとはいえない状況にある。高校世界史にはコプトという用語は登場せず、一般書もコプト織など美術書に限られた紹介である。

  コプトの名称は、アラビア語の「qibt」「qubt」がヨーロッパ化されたもので、これらアラビア語はギリシア語の「Aigyptioi(エジプト人)」から出たものと解せられる。コプト教は古代エジプト末期のアレクサンドリアで生まれ、ローマ末期ないし初期キリスト教時代のコスモポリタン的性格が強く、キリスト教単性説を信じるものである。(参考:村山盛忠「コプト社会に暮らす」岩波新書 1974)

« 斜陽の象徴ビッグベン | トップページ | 左党天国 »

「キリスト教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 斜陽の象徴ビッグベン | トップページ | 左党天国 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30