無料ブログはココログ

« 丹波柏原藩 | トップページ | カルロ・ドニーダとモゴール »

2011年9月25日 (日)

Skeeter Davis & Julie London

220pxskeeter_davis E382b8e383a5e383aae383bce383bbe383a
スキーター・デイヴィス   ジュリー・ロンドン
220pxbobby_vinton_1965 220pxeddy_arnold
 ボビー・ヴィントン     エディー・アーノルド
Affcf6e556a695b7c1186cd0e48b00da Arcadecelebpattipage
 ナンシー・シナトラ     パティ・ペイジ

Claudinelonget F0197566_1942685
 クロディーヌ・ロンジェ     ツイギー

  「エンド・オブ・ザ・ワールド(この世の果てまで)」(1963)はスキーター・デイヴィスの最大のヒット曲だが、失恋の悲しみを歌った美しいバラードは竹内まりやも歌っているほどスタンダード曲になっている。発売当時もたくさんの歌手がカバーした。ボビー・ヴィントン、エディー・アーノルド、ナンシー・シナトラ、パティ・ペイジ、ブレンダ・リー、クロディーヌ・ロンジェ、ツイギー。日本ではジュリー・ロンドンでヒットした。ジュリーは1926年9月26日カリフォルニア州サンタクララ生れ。両親が芸人だったので幼い頃から歌っていた。18歳のとき、アラン・ラッドの二番目の夫人スー・キャロルに誘われて映画界入り。(「いるかにのった少年」をカバーしている)1955年にレコーディングした「クライ・ミー・ア・リバー」がヒットして、ジャズ歌手して活躍。その後、映画音楽やラテンなどセクシーな歌い方で人気があった。最大のヒット曲は「世界残酷物語」のテーマ曲「モア」。

« 丹波柏原藩 | トップページ | カルロ・ドニーダとモゴール »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 丹波柏原藩 | トップページ | カルロ・ドニーダとモゴール »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30