無料ブログはココログ

« Skeeter Davis & Julie London | トップページ | ベラドンナ »

2011年9月26日 (月)

カルロ・ドニーダとモゴール

220pxcarlo_donida_e_mogol_2
モゴール(左)とドニーダ(右)

   1960年前後、日本ではイタリアのカンツォーネ・ブームに沸いた。背景にはイタリア映画の影響もあるが、アメリカからの影響もある。というのは、フランク・シナトラ、ディーン・マーチン、ペリー・コモなど当時の大物歌手はイタリア系が多かった。「アルベデルチ・ローマ」はディーンで、「アルディラ」はコニー・フランシスで聴く、という調子である。もちろんサンレモ音楽祭の入賞曲は日本語カバーで発売された。布施明のデビュー曲はボビー・ソロのサンレモ優勝曲「君と涙とほほえみを」である。日本でよく流行したカンツォーネの名曲の一つに「アルディラ」がある。イタリア語で「世界の彼方」の意。原曲はルチアーノ・タヨーリとベティ・クルティスであるが、映画で歌ったエミリオ・ペリコーリが世界では広まった。日本ではトニー・ダララの曲がヒットした。作曲はカルロ・ドニーダ、作詞モゴールの黄金コンビ。ウィルマ・ゴイクの「花のささやき」「夢の誓い」「ささやく瞳」などがある。

« Skeeter Davis & Julie London | トップページ | ベラドンナ »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Skeeter Davis & Julie London | トップページ | ベラドンナ »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30