無料ブログはココログ

« ツブサニコイ | トップページ | 北回帰線が通る町・嘉義 »

2011年9月 6日 (火)

細川忠興と舞鶴田辺城

102

   舞鶴田辺城は伊佐津川と高野川に挟まれた平野部に築かれた平城。1580年、細川藤孝が築城し、まもなく家督を子の忠興に譲る。関ヶ原の戦いでは東軍につき田辺城を守ったが攻められた。忠興は軍功をあげ、豊前中津藩、のち小倉藩主として39万9000石を与えられた。関ヶ原の直前、妻のガラシャは石田三成の人質になることを拒み、大坂で自害した。

« ツブサニコイ | トップページ | 北回帰線が通る町・嘉義 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ツブサニコイ | トップページ | 北回帰線が通る町・嘉義 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31