無料ブログはココログ

« ベッサメ・ムーチョ | トップページ | 古今東西史話・朱松 »

2011年9月11日 (日)

古今東西史話・陶侃

    陶侃(259-334)は東晋時代の武将。荊州、雍州、益州、梁州の都督をかね、南蛮校尉、征夷大将軍となった。陶侃は軍政の実務家であるから、当時の士人の間に流行していた老荘の思想は好まなかった。ある時、未熟な稲を手に持っている人を見つけて、陶侃がたずねた。「それを何にするつもりか?」「道ゆくままに、気まぐれに引き抜いたまでさ」陶侃は真っ赤になって怒った。「おぬしは自分で田も作らず、たわむれに人さまの稲を盗んだのか」と。このとおり真面目な人間だった。76歳で病没するまで、「妾数十人、召使千余、珍奇なる宝貨は、朝廷よりとめり」といわれた。力も富も並はずれたほどの豪族だった。曾孫の陶淵明が「帰りなんいざ」と官を辞して郷里に帰ったとき、そこには田園があり旧宅があって、温かく迎えてくれたのは、やはり陶家の子孫だったからであろう。

« ベッサメ・ムーチョ | トップページ | 古今東西史話・朱松 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ベッサメ・ムーチョ | トップページ | 古今東西史話・朱松 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31