無料ブログはココログ

« 新日本列島改造論 | トップページ | 親の七光り »

2011年9月 5日 (月)

全員野球の落とし穴

    原巨人はラミレスの四番復帰でヤクルトに勝ち、なんとか優勝の可能性を残した。だがあれほどの選手層がありながらなぜ巨人は弱いのか。その一因は不安定な選手起用にあると考える。①東野のストッパー②一番坂本、藤村?③四番ラミレス、長野、高橋由④補強、高橋信、大村いずれも出番少なし⑤新外国人、アルバラデホ、ロミロは敗戦処理、ライアルは貧打で守備力なし⑥谷、松本、矢野といった攻守好打の選手が飼い殺し⑦ローテは1週間。むかしは中4日が普通。決戦の9月に入ってもまだのんびりムード。つまり全員野球は固定せず責任も少ないので楽ちん、ぬるま湯で盛り上がらない。ヤクルト戦で高橋信二が捕手したのには驚いた。翌日、高橋は一塁を守ったが、青木のなんでもない一塁ゴロをエラーしていた。不慣れなポジションは無理がある。9月になってもベストメンバーが固定できないチームが優勝できるだろうか。巨人の試合に注目したい。

« 新日本列島改造論 | トップページ | 親の七光り »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新日本列島改造論 | トップページ | 親の七光り »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30