無料ブログはココログ

« 世界で一番愛された花 | トップページ | 穂希「ほまれ」 »

2011年9月12日 (月)

古今東西史話・サンキュロットとズロース

Edbc8fa0

    フランス革命のころ、ある貴族が若い女を連れて歩いていた。すると、群衆が彼を捕らえようとした。彼は連れの女のスカートを背中のほうまでまくって、「サン・キュロット」と叫んだ。そうして、若いピチピチのお尻が陽光の下にさらされた。群衆は大いに喜び、「サン・キュロット!、サン・キュロット!」と口々に叫びながら、二人を仲間として歓迎した。

キュロットとは貴族がつけている細い半ズボン。これに対して下層民衆はだぶだぶの長ズボンをはいていた。そして女性はズロースをはいていなかった。「キュロットをつけていない」という意味で、革命的愛国者を称してサン・キュロット党という名が起こった。

« 世界で一番愛された花 | トップページ | 穂希「ほまれ」 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界で一番愛された花 | トップページ | 穂希「ほまれ」 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31