無料ブログはココログ

« 若松賤子と水島あやめ | トップページ | 特攻の母・鳥濱トメ »

2011年9月19日 (月)

秀忠の手がついた妾は何人いたのか?

20110918222655

    大河ドラマ「江~姫たちの戦国36 男の覚悟」慶長6年、侍女なつ(朝倉あき)が男子を出産した。秀忠の子という。秀忠が正室・お江与以外の女性に産ませた唯一の子としては保科正之(1611-1672)が知られている。しかしこれはドラマより10年後のことである。

  侍女なつの存在はフィクションかもしれない。しかし秀忠の手がついた侍女は文献に現れるかぎり一人はいた。大橋局といい、お手つきになってからすぐに城から出され、後藤光次(1571-1625)の妾となって下げ渡された。側室としなかったのはお江与に遠慮したからであろう。

« 若松賤子と水島あやめ | トップページ | 特攻の母・鳥濱トメ »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 若松賤子と水島あやめ | トップページ | 特攻の母・鳥濱トメ »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30