無料ブログはココログ

« 近代文学選 | トップページ | 元禄時代軽口ばなし »

2011年9月10日 (土)

森林太郎「玉匣両浦嶋」

29139

Vfsscr_composite高知市民図書館 近森文庫

   日本古書通信1981年をみる。森鴎外の「玉匣両浦嶋」が4万円。ネットでの現在の価格も同じ4万円。30年間、古書の価格は上がらず。いまは古典籍総合データーベースで全文テキストを簡単にみることができる。国立国会図書館で「玉匣両浦嶋」を検索すると、「鴎外全集第38巻」とでる。つまり単行書としては未所蔵。この類は文学記念館のガラスケースなのだろうか。題名は「たまくしげふたりうらしま」と読む。戯曲。

« 近代文学選 | トップページ | 元禄時代軽口ばなし »

「図書館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近代文学選 | トップページ | 元禄時代軽口ばなし »

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31