無料ブログはココログ

« 元禄時代軽口ばなし | トップページ | ただ承詔必謹あるのみ »

2011年9月10日 (土)

古代ギリシアの壷

  アンフォラとは、2つの取っ手がついた壷のこと。「両側を持って運ぶ」というギリシア語に由来する。紀元前15世紀のころ、レバノンからシリアの海岸に現れて、前6世紀には地中海に広まる。ブドウ、オリーブ・オイル、ワインなど生活必需品を運搬・保存するために用いられた。

Greece020l四頭立て馬車と馭者が描かれた黒絵式アンフォラ

Image_amphora01ブドウ酒などを入れて運ぶ交易用のアンフォラは全体的に細長く、底がとがっている

Img_0002_3黒絵式アンフォラ チェルベトリ 前6世紀 四頭立ての馬車を配し、この両側の間に各々2組の戦士一騎打図が描かれている

« 元禄時代軽口ばなし | トップページ | ただ承詔必謹あるのみ »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 元禄時代軽口ばなし | トップページ | ただ承詔必謹あるのみ »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31