無料ブログはココログ

« 90フィート物語 | トップページ | 大正・昭和・平成、女の流行 »

2011年9月19日 (月)

「緑の地平線」と少女小説

Haramidorinoti1映画「緑の地平線」 原節子 水久保澄子

 なぜか忘れぬ人ゆえに

 涙かくして 踊る夜は

 ぬれし瞳に すすり泣く

 リラの花さえ 懐かしや

  楠木繁夫の「緑の地平線」(昭和10年)である。映画主題歌であるが映画は未見。原作は横山美智子(1895-1986)であるが絶版。思えば吉屋信子(1896-1973)が大正5年に「花物語」で人気作家となって以来、戦前戦後は少女小説の全盛期であった。北川千代、森田たま、水島あやめ、城夏子、三木澄子、大谷藤子、由利聖子、堤千代が登場した。堤は昭和15年「小指」で直木賞を受賞している。これは女性初の直木賞であり、22歳10ヵ月の受賞年齢は、現在でも最年少記録である。病弱の身ながも夫の支えにより、昭和20年代に多くの作品を残している。

Satou50minnaみんなきた道

20100630205025かえで鳥の歌

« 90フィート物語 | トップページ | 大正・昭和・平成、女の流行 »

「日本文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 90フィート物語 | トップページ | 大正・昭和・平成、女の流行 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31