無料ブログはココログ

« 高学歴の女優さん | トップページ | 類似タイトル »

2011年9月29日 (木)

速読、遅読と食事

E9809fe8aaade69599e5aea443248_ima_2

    読書にとってよい季節となった。阪本一郎(1904-1989)の「速読のすすめ」(1969年)という本が手元にある。アメリカで速読術のブームが起きて、日本にもサラリーマン向けの速読法の本が出たしたのは1960年代になってからだろう。馬淵時彦・藤田拓司「速読術」(1962年)、佐藤泰正「速読法」(1969年)。阪本一郎の本には「速読法などと言うと、軽べつする人がある。そのために精確度が落ちるという先入観をいだいている人である。たしかに速度と確度とが反比例する事実はある。しかしそれは不熟練者の層においてであって、やや熟練した読者層以上にあっては、両者はあいいれないものではないのである」とある。面白いのは食堂での話。職員食堂で、阪本は軍隊で鍛えられていたほうだから、食事は早い。あっという間に平げてしまう。あとは、タバコをふかしながら、めいめいの食べ癖を観察する。食事にも無くて七癖。読書にも悪い癖があるという話。これは40年以上の前の本である。いまは食事は腹八分目で、ゆっくりとよく噛んで食べるのがよいとされている。糖尿病の予防と治療にも効果がある。読書と食事とは無関係なのか、関係するのか、それが問題だ。

« 高学歴の女優さん | トップページ | 類似タイトル »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高学歴の女優さん | トップページ | 類似タイトル »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31