無料ブログはココログ

« 射和文庫 | トップページ | 「想い出草」直指庵 »

2011年9月16日 (金)

夕陽丘と伊達千広

10326642935000034267_r0vx5ottla

    大阪天王寺区に夕陽丘という地名がある。古来より大阪湾に落ちる夕日を眺めるのに絶好のスポットとして知られていた。鎌倉時代の歌人・藤原家隆が「夕陽庵」を設けたことが地名の由来とされる。陸奥宗光の父・伊達千広(1802-1877)も明治になって、この地に「自在庵」を建て、「夕日岡」と命名した。そののち夕日岡が夕陽丘と変わっていった。伊達千広は国学者で1853年に失脚以後の活躍はないが、食肉を奨励するなど開明的思想で知られた。

« 射和文庫 | トップページ | 「想い出草」直指庵 »

「地理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 射和文庫 | トップページ | 「想い出草」直指庵 »

最近のトラックバック

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31