無料ブログはココログ

« 会津のナイチンゲール・瓜生岩 | トップページ | 女子の名の移り変わり »

2011年8月20日 (土)

美人薄命にあらず

Hara_setsuko

    毎日、日本映画チャンネルやNECOでは古い日本映画を放送している。松竹「道場破り」では岩下志麻(70歳)、倍賞千恵子(70歳)、大映「その夜を忘れない」では若尾文子(77歳)、日活「風と樹と空と」では吉永小百合(66歳)の若い頃の作品。とくに朝ドラ出演中の若尾は毎日観る機会があるが、その美しさが健在であることに驚きを感じる。他方、脇を演じた男優たちはほとんど故人になっている。

   昨今、女優は長命なかたが多い。ベテラン勢には山本富士子(79歳)、八千草薫(80歳)、山田五十鈴(94歳)、淡島千景(87歳)などもおられる。引退して相当の年数が経つが原節子(91歳)もやはり日本映画最大の美人スターだろう。女優高齢化時代の当節は「美人薄命にあらず」。

« 会津のナイチンゲール・瓜生岩 | トップページ | 女子の名の移り変わり »

女性」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 会津のナイチンゲール・瓜生岩 | トップページ | 女子の名の移り変わり »

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31