無料ブログはココログ

« 兼好法師墓と長泉寺 | トップページ | 泥鰌(どじょう)宰相誕生 »

2011年8月28日 (日)

笠間藩浅野家と大石良欽

04ooishiteiato 笠間浅野家家老大石良欽邸跡(笠間市)

  播州赤穂浅野家は1645年、常陸国笠間より移封された。現在の笠間市には家老の大石良欽(1618-1677)の邸宅跡が残されている。良欽の妻は鳥居忠勝の娘である。忠勝の父・鳥居元忠(1539-1600)は「三河武士の鑑」として知られた猛将。曾孫の大石良雄にも忠臣の家門としての誇りがあったのであろう。赤穂藩浅野家家臣のなかには常陸の真壁藩、笠間藩の出身者も多かったという。

« 兼好法師墓と長泉寺 | トップページ | 泥鰌(どじょう)宰相誕生 »

忠臣蔵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 兼好法師墓と長泉寺 | トップページ | 泥鰌(どじょう)宰相誕生 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31