無料ブログはココログ

« 氷雨と楽園 | トップページ | ゴヤの自画像 »

2011年8月 7日 (日)

その壁を砕け

Img34a912ddzik4zj Img_759548_29099588_0

    中平康監督の「その壁を砕け」(1959)。三郎(小高雄二)とその婚約者とし江(芦川いづみ)は新潟駅で3年ぶりに再会する約束をしていた。だが途中でレインコートの男(沢井保男)を車にのせたばかりに郵便局強盗の真犯人にされる。新米巡査(長門裕之)の活躍により事件は別の展開をみせる。単なる裁判ものではなく、組織の中の者が自ら真実をみつめるというテーマがある。アメリカ映画「怒れる十二人の男たち」やヌーベルバークの影響がみられる。当時の日活はアクション路線だけでなく、社会派の良質な作品をつくっていた。芦川の美しさはいつもながらのことだが、渡辺美佐子もいい味をだしている。

« 氷雨と楽園 | トップページ | ゴヤの自画像 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 氷雨と楽園 | トップページ | ゴヤの自画像 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31