無料ブログはココログ

« 統一球とラビット・ボール | トップページ | 能登古寺巡礼・妙成寺 »

2011年8月25日 (木)

プロレタリア美術

Img_0005
 岡本唐貴「 小林多喜二死面」 1933年

    「蟹工船」などによって、プロレタリア文学の一時期を画した小林多喜二は、日本共産党に入党して活動していたが、昭和8年に検挙され、拷問によって虐殺された。この絵を描いた岡本唐貴(1903-1986)は、日本プロレタリア美術家同盟が結成されると中央委員の1人となり、プロレタリア美術運動を代表する画家として活躍した。長男は白土三平(本名・岡本登)である。

0511
永田一脩「プラウダを持つ蔵原惟人」 1928年1212_3
須山計一「労働者」 1930年

E2010016
寺島貞志「コムソモルカ」 1930年

S0173014
望月晴朗「同志山忠の思い出」 1931年

Koku
大月源二「告別(山宣葬)」 1929年

1277131296001
松山文雄「プロレタリア文化」創刊号表紙 1931年

Img_1485966_60779639_3_2
柳瀬正夢「北京生活の観照・東郊 東便門の外」 1939年

« 統一球とラビット・ボール | トップページ | 能登古寺巡礼・妙成寺 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 統一球とラビット・ボール | トップページ | 能登古寺巡礼・妙成寺 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30