無料ブログはココログ

« 恋する熱帯魚 | トップページ | 悲しみ »

2011年8月 1日 (月)

ムード歌謡の歌どころ

Bb9d7c4d C25113 F0029393_20112292 Original

   ムード歌謡とは、もともと和田弘とマヒナ・スターズなどの都会的ムードの歌謡曲から始まった。やがて昭和40年代、黒沢明とロス・プリモス、鶴岡雅義と東京ロマンチカ、内山田洋とクール・ファイブ、ロス・インディオスなど続々と現れた。「ラブユー東京」「たそがれの銀座」「コモエスタ赤坂」「星降る街角」など東京を中心としたものが多いが、東京ロマンチカの「小樽の人よ」のように北国ものも好まれる。石原裕次郎の「北の旅人」では釧路、函館、小樽が歌われる。南国では古くから長崎は歌謡曲の歌所であるが、その他の都市、鹿児島や熊本など城下町はなぜかムード歌謡に似合わないらしい。

« 恋する熱帯魚 | トップページ | 悲しみ »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 恋する熱帯魚 | トップページ | 悲しみ »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30