無料ブログはココログ

« 八木節は栃木民謡か、群馬民謡か? | トップページ | ロシア提督クルーゼンシュテルンと日本海 »

2011年8月22日 (月)

千の風になって

  秋川雅史の「千の風になって」をもう何回聴いたことだろう。いつも思う。「人は死んだらどうなるのだろう」と。この歌が流行ったとき、宗教界から非難があったという。お墓になんかいない。風になってさまよっているなどという無神論に対する反発がでた。だがこの歌を聞くとなんなく「ほっとする」「癒される」という人もいる。日本で、毎日およそ4000人くらいが亡くなっている。そのうち有名人が1人か2人いる。あとは普通の人である。アダムとエバの末裔は死ぬと塵となるのだそうだ。そんなある日、また秋川が歌うのを聴いた。両手を横に大きく広げたとき、リオのキリスト像のように見えた。

200712_00011 Photo

« 八木節は栃木民謡か、群馬民謡か? | トップページ | ロシア提督クルーゼンシュテルンと日本海 »

「キリスト教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 八木節は栃木民謡か、群馬民謡か? | トップページ | ロシア提督クルーゼンシュテルンと日本海 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31