無料ブログはココログ

« 韓流ブーム批判に関して | トップページ | 少年時代 »

2011年8月 2日 (火)

浅野内匠頭終焉の地

   浅野長矩は元禄14年3月14日、江戸城松の廊下で刃傷沙汰を起こした後、田村右京太夫建顕邸に預けられた。赤穂義士に対する儒者たちの評価は二つに割れた。林信篤、室鳩巣らは道義尊重の立場から義士の挙を称賛したが、荻生徂徠、太宰春台らは、法治主義の立場から厳罰を主張した。将軍綱吉は徂徠らの意見を容れて、斬首ではなく、武士としての切腹を命じた。長矩は田村建顕邸の庭前で切腹した。同邸跡は芝・愛宕下(東京都港区)にあった。現在、忠臣蔵縁の歌舞伎役者が必ず参拝に訪れる田村銀杏稲荷神社(新橋4-31)が付近にある。

004asano

« 韓流ブーム批判に関して | トップページ | 少年時代 »

忠臣蔵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 韓流ブーム批判に関して | トップページ | 少年時代 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31