無料ブログはココログ

« ゴヤの自画像 | トップページ | 異文化の交流と衝突 »

2011年8月 7日 (日)

紀元前1万年の世界

   日曜洋画劇場で「紀元前1万年」(2008)が放送されていた。更新世がおわり、後氷期に入ると、気候はしだいに温暖となり、氷河は後退して、海陸はほぼ今日のような形となった。寒系の大型獣(マンモス・トナカイなど)は消滅するが、より寒冷な地方に移動し、暖系の小型獣や水鳥・魚介類などが繁殖した。こうして完新世(約1万年前)になると、人類は自然環境の変化に対応しながら、地域ごとに生活様式をかえていった。CGを使った1万年前の世界に興味と興奮をおぼえる。だが文化の発達段階には、突っ込みを入れたくなるシーンも多い。たとえば女性たちが奴隷として他の部族に連れ去られて、大船団が川を走るシーンがある。帆走する大型船は1万前には存在しないだろう。戦争の勝者が女たちを奴隷とすることは有りうるとしても、映画のような巨大建造物の存在は無かっただろう。全体的には前1万年と紀元前4000年ころが混在するように感ずる。

« ゴヤの自画像 | トップページ | 異文化の交流と衝突 »

「世界史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴヤの自画像 | トップページ | 異文化の交流と衝突 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30