無料ブログはココログ

« ラテン語と西欧諸語 | トップページ | 特攻隊員・島尾敏雄 »

2011年8月13日 (土)

ジョディーが女ブロンソンに

Original C0033213_338369

  ジョディー・フォスターの「ブレイブワン」(2009)は無法者に殺された恋人の仇を討つために、ニューヨークの連続殺人犯になるというストーリー。レイプや性描写など過激シーンはないがR-15指定であるのはその内容のためだろうか。かつてチャールズ・ブロンソン、マイケル・ウィーナー監督のコンビには私的制裁を主題とした連作があった。「狼よさらば」「ロサンゼルス」「スーパーマグナム」「殺人鬼」など。ならず者には法はいらない、俺が掟だ。奴らは俺が処刑する。そんなセリフを吐くジョディー・フォスターが演ずる。ビジランティー(vigilante )映画というらしい。だが日本の忠臣蔵もビジランティだろう。華奢な体に似合わずジョディーはバイオレンス・アクションがお好きだが、一ファンとしてはジョディのロマコメがみたい。共演のテレンス・ハワードはデンゼル・ワシントンを若くしたような俳優である。

« ラテン語と西欧諸語 | トップページ | 特攻隊員・島尾敏雄 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ラテン語と西欧諸語 | トップページ | 特攻隊員・島尾敏雄 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31