無料ブログはココログ

« 恋とテニスとエースをねらえ | トップページ | 水を飲んで源を忘れた日本人 »

2011年8月11日 (木)

消えた戦争アクション映画

  戦後のアメリカ映画の中心は西部劇と戦争アクションだった。戦争アクションは「ナバロンの要塞」から戦争大作としてアメリカやイギリスで多数作られた。「ここはどこの国だ」と今なら映画館へ抗議デモが起こるかもしれない。「大脱走」「テレマークの要塞」「荒鷲の要塞」「633爆撃隊」「モスキート爆撃隊」「バルジ大作戦」「特攻大作戦」「アンツィオ大作戦」「トブルク戦線」「空軍大戦略」「戦略大作戦」スター総出演。背景の戦略的なことよりも、航空機や銃撃戦のかっこよさにしびれた。

E0034633_17473251 5958_1 C0116284_1224129 110705153321 E383ade38383e382afe383bbe3838fe3838 Img_1495163_56193068_1 Img_546926_4771156_0 117627902868816222420 Curd20jurgens19bcf Robert_shaw_headshot 1a E0059685_21101792

  60年代スターたちも実際に戦争を体験した人は少ないが、いまでは多くは故人になられ、存命なのは、クリフ・ロバートソン、ジョージ・チャキリス、ロバート・ボーンくらいか。

« 恋とテニスとエースをねらえ | トップページ | 水を飲んで源を忘れた日本人 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 恋とテニスとエースをねらえ | トップページ | 水を飲んで源を忘れた日本人 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30