無料ブログはココログ

« アメリカの良心・ノーマン・カズンズ | トップページ | 消えた戦争アクション映画 »

2011年8月11日 (木)

恋とテニスとエースをねらえ

Lrg_10183816

  映画「ウィンブルドン」(2004)はイギリスのテニス選手コルト(ポール・ベタニー)とアメリカの女子テニス選手リジー(キルスティン・ダンスト)との恋ありテニスありのラブコメ。ドラマではイギリス人のコルトが優勝するが、これは一種のブラック・ジョークで、本当のウィンブルドンは地元選手が勝ち上がるれなくなっているそうだ。女子シングルスは1977年のバージニア・ウェード、男子は1936年のフレッド・ベリーを最後に、75年間も優勝はない。ウィンブルドン現象という言葉もあるそうだ。

« アメリカの良心・ノーマン・カズンズ | トップページ | 消えた戦争アクション映画 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカの良心・ノーマン・カズンズ | トップページ | 消えた戦争アクション映画 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31