無料ブログはココログ

« 雨の脅迫者 | トップページ | 宇宙からの脱出 »

2011年7月26日 (火)

エリザベス朝時代の作家たち

Shakespeare John20fletcher
 シェイクスピア      ジョン・フレッチャー

Photo 200pxgeorgechapman
 クリストファー・マーロー ジョージ・チャップマン
Ben_jonson_by_george_vertue_1730_cr Middletn
 ベン・ジョンソン       トーマス・ミドルトン

    シェイクスピア(1564-1619)のほかにも多くの劇作家たちがいた。「ユー・フュイーズ」のジョン・リリー(1554-1606)は人文主義的教養を身につけた人だった。クリストファー・マーロー(1564-1593)は「タンバレン大王」などで成功を収めたが、29歳で刺殺された。フランシス・ボーモント(1584-1616)とジョン・フレッチャー(1579-1625)は合作による悲喜劇で知られた。ロバート・グリーン(1558-1592)は文筆で生計を立てた最初の職業作家。トマス・キッド(1558-1594)は「スペインの悲劇」でラテン劇をイギリス化することに成功した。トマス・ナッシュ(1567-1601)は英語で書かれた最初のピカレスク小説「悲運の旅人」を書いた。ジョージ・チャップマン(1559-1634)は劇作家としてだけでなくホメロスの「イリアス」「オデュッセイア」の翻訳でも知られる。トマス・デッガー(1572-1632)は興行師P・ヘンズローに雇われて戯曲を書く。代表作「老フォーチュネイタス」「靴屋の休日」「ロンドンの7つの大罪」。ベン・ジョンソン(1570-1637)はケンブリッジ・オックスフォード両大学から名誉修士号を受けた博学の古典主義作家で文壇の大御所。代表作「十人十色」「ボルボーニ」。「チープサイドの貞淑な乙女」のトーマス・ミドルトン(1580-1637)もいる。

« 雨の脅迫者 | トップページ | 宇宙からの脱出 »

「世界文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨の脅迫者 | トップページ | 宇宙からの脱出 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31