無料ブログはココログ

« 夏祭り昭和のメロディー | トップページ | 巨人フィールズ殊勲の2ラン振り逃げ? »

2011年7月28日 (木)

SF映画はどこまで現実味があるか

Blade_l

    1950年代から1980年代にかけてSF映画は多数製作されたが、はたして21世紀の目にも堪えうる作品はどれほどあるだろうか。1982年の「ブレードランナー」は2020年の世界を、1984年の「ターミネーター」は2029年の世界を仮想したものであるが、2011年の現在からみて、描かれた世界に現実味を感じることはできない。「2001年宇宙の旅」「宇宙からの脱出」には科学考証を厳格に守っているので、現実感がある。日本のSF映画には荒唐無稽なものが多くて、リアリティーのある近未来社会を描いた作品がすくないのは残念である。

« 夏祭り昭和のメロディー | トップページ | 巨人フィールズ殊勲の2ラン振り逃げ? »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏祭り昭和のメロディー | トップページ | 巨人フィールズ殊勲の2ラン振り逃げ? »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31