無料ブログはココログ

« 愛しのモナリザ | トップページ | 厄年を逃れられなかった男たち »

2011年7月29日 (金)

富永有隣と見島

    萩沖約45kmの日本海上にある見島に幕末の勤皇志士富永有隣(1821-1900)が流されたのは嘉永5年のことである。有隣は維新後も官に就くことなく、周防田布施町で私塾を開いた。明治末期までその名声はあったらしく、国木田独歩が有隣をモデルに「富岡先生」(明治35年)を書いている。

(参考:玉木俊雄「勤皇志士富永有隣先生小伝」 富永有隣先生事蹟顕彰会 昭和11年)

Img_1496253_52617796_0
山口市正護寺境内にある「富永有隣先生招魂之碑」

« 愛しのモナリザ | トップページ | 厄年を逃れられなかった男たち »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛しのモナリザ | トップページ | 厄年を逃れられなかった男たち »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30