無料ブログはココログ

« 南あわじ市滝川記念美術館 玉青館 | トップページ | 関東、関西への人口集中 »

2011年7月13日 (水)

巨人東野ストッパー黒星発進

  今年の原監督の采配は全て裏目に出る。原監督、コーチ陣の体質に問題があるように感じる。新ストッパーの東野はマウンドの表情に立ち向かうような気迫が感じられなかった。たぶん本人の気持ちの整理ができていないのだろう。満塁策で桧山に簡単に外野フライを打たせてゲームセット。やはり先発投手の習慣が抜けきれず、三者三振を求められるクローザーとしての気迫がない。打線も期待の新外国人フィールズは藤川の速球に振り遅れていた。フィールズの守備も不安材料だ。ヒットだったが強い打球を処理できなかった。ベースに当たった打球の処理もいただけない。つまりライアルとあまり変わらない戦力だろう。日本ハムの高橋、ロッテの大村もかわいそうだ。それより外野手の谷、三塁手の古城などの出番はまますます減るだろう。目先の勝利で焦りすぎの感じがする。接戦で負けているだけで選手の起用法に無理があるのだろう。フィールズももう少し日本の野球に慣れてから出場すれば本領を発揮するかもしれないが、なかなか急に打てるものではない。広島に3連勝したのに、フィールズと東野の起用法は凶となった。ロミロ、アルバラデホと選手を指導・育成するのではなく、無闇に使い棄てするのが原野球なのだろうか。最後に東野のことだが、マウンドで深呼吸を何回もしたり、顔をしかめたり、感情がすぐ表情にでるタイプだ。プレッシャーに弱い。つまりクローザーに向かない。

« 南あわじ市滝川記念美術館 玉青館 | トップページ | 関東、関西への人口集中 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南あわじ市滝川記念美術館 玉青館 | トップページ | 関東、関西への人口集中 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31