無料ブログはココログ

« 海は陸よりあたたかい | トップページ | ゾウリムシが人類を救う »

2011年7月10日 (日)

ゾウハナミズケムシ

Dhireputasu1 Dhireputasu2

    アメーバやゾウリムシのような原生動物は顕微鏡を使わないと見えませんが、身近な池や沼にすんでいます。ゾウハナミズケムシは、学名ディレプタス(Dileputas)といい、細胞の先が、ゾウの鼻のようにのびています。ここにほかのせん毛虫がぶつかると毒針を出して動けなくし、鼻のつけ根にある口で食べます。ディレプタスはゾウリムシを捕食します。アルジェリアの原生動物学者エミール・マーパス Emile Maupas(1842-1916)は、19世紀にすでに光学顕微鏡を使って、原生動物の「せん毛」を発見しています。

« 海は陸よりあたたかい | トップページ | ゾウリムシが人類を救う »

「自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 海は陸よりあたたかい | トップページ | ゾウリムシが人類を救う »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31