無料ブログはココログ

« ホモ・フロレシエンシスの謎 | トップページ | 大震災から4か月 »

2011年7月11日 (月)

蘇鉄

7565229 Sotethu E4910_2

    九州南部、沖縄に自生し、公園や庭などによく植えられている。高さ1~5mになる。茎は太い円柱形で葉の落ちたあとが全面にある。葉は長さ0.5~1.5mの大形の羽状複葉で茎の先に叢生する。小葉は光沢のある暗緑色で長さ8~20cmの線形。花は6~8月に茎の先につく。雌雄異体。雄花は長さ50~70cmで、鱗片状の雄しべが多数あり、裏一面に葯室がつく。雄花は球形で、羽状に裂けた多数の心皮からなる。心皮には淡褐色の綿毛が密生し、基部に3~6個の胚珠がある。種子は長さ2~4cmのやや扁平な卵形で光沢のある朱赤色。

« ホモ・フロレシエンシスの謎 | トップページ | 大震災から4か月 »

「自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホモ・フロレシエンシスの謎 | トップページ | 大震災から4か月 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31