無料ブログはココログ

« 富沢霊岸の著作目録 | トップページ | 砂漠を緑に変えた男 »

2011年6月17日 (金)

幕末藩政改革者、周布政之助

   長州藩の周布政之助(1823-1864)は、山陰地方の一代官にすぎなかったが、尊攘改革派となって藩政の中枢におどり出た。性格は豪放で酒を好み、学問にも造詣が深かったが、多少の奇行癖も伝えられている。高杉晋作が京都で「将軍を斬るから刀を貸してもらいたい」と、政之助のところへ行くと、藩主から拝領の名刀を取り出してきた。毛利の紋があるのでまずいというと、ヤスリを持ってこさせ、ゴシゴシ削ったという。また土佐藩士の前で、酔って山内容堂の悪口をならべ、物議をかもして、それ以後、麻田公輔と改名した。元治元年9月、山口郊外の吉富藤兵衛宅において自刃した。ノイローゼだったという。

« 富沢霊岸の著作目録 | トップページ | 砂漠を緑に変えた男 »

「日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 富沢霊岸の著作目録 | トップページ | 砂漠を緑に変えた男 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30