無料ブログはココログ

« 一発屋女優列伝 | トップページ | 一冊の本 »

2011年6月 9日 (木)

デイヴィッド・コパーフィールド

Charlesdickens001

    チャールズ・ディケンズ(1812-1870)は「クリスマス・キャロル」と晩年の作を除いて、大体において構成がルーズである。これは雑誌に連載されたということもあるが、彼が構成にあまり気を配らなかったということもある。晩年の作は、親友の小説家ウィルキー・コリンズの忠告を容れて、構成のある小説を書くことを心がけた。しかし、こうした小説よりも、自由奔放に書いた「デイヴィット・コパーフィールド」の方が、おもしろい。

« 一発屋女優列伝 | トップページ | 一冊の本 »

「世界文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一発屋女優列伝 | トップページ | 一冊の本 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31